2019年3月21日木曜日

お知らせ


お客様へお知らせです

当店は、秋田市南通亀の町で現在改築中の「ヤマキウ南倉庫」1F
この6月に移転オープンいたします

お客様には現在の川反中央ビルの店舗で永らくご愛顧いただき
心より感謝申し上げます

移転後もまた新たにお楽しみ頂けるよう、努力して参りますので
変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます
-
[この後の予定]
○3/27(水)-4/7(日)「Yellows」Satoko Sai + Tomoko Kurahara  2019 year's plate Exhibition

3/28(木)・4/2(火) Grandma flowerによるワークショップ開催
-
○4/17(水)-4/21(日)
5W 2019AW Exhibition

現在の店舗は4月いっぱいで閉店予定で
また新たな入居者の方が入られますのでそちらも楽しみです。

それではまだしばらく、今のお店で皆さまのお越しをお待ちいたしております
3月21日 まど枠

2019年3月16日土曜日

Satoko Sai+Tomoko Kurahara 2019 year’s plate exhibition 「Yellows」

                           

Satoko Sai+Tomoko Kurahara 2019 year’s plate exhibition「Yellows」
3/27(水)ー4/7(日)11:00-18:00 

Satoko sai+Tomoko Kuraharaによるイヤーズプレート「yellows」

古今東西、世界の各所に伝わる飴釉を二人なりに理解し
二種類の釉薬を重ねがけすることで生まれる濃淡や
たまりなどの表情とグラフィカルな線を組み合わせた黄色いプレートのシリーズです。

Satoko Sai + Tomoko Kurahara
崔聡子と蔵原智子による陶芸家ユニット
陶を素材にした複製芸術としての試みやシルクスクリーンによる陶器への転写など、
量産技術と手仕事を組み合わせることで中量生産でありながらも
制作の過程で生まれる偶発的な個々の表情を大切にしている。
saikurahara.com

会期中、秋田市中通のコンセプトショップ
GRANDMAと共同で黄色い花に関する企画を開催予定
HP/SNSでお知らせいたしますのでお楽しみに!
http://grandma-akita.com

2019年3月8日金曜日

店頭販売スタッフ募集のお知らせ

ただ今、店頭での販売スタッフを募集しております


お店での販売はもちろん、お客様からの商品に関するご相談やご注文の対応、
ギフトのご案内などの対応をして頂くため
人とお話しすることが好きな方、誠意を持ってお客様に接してくださる、
30歳以上の方のご応募をお待ちしております


今年6月に店舗の移転オープンを控えており、より忙しくなると思います

移転先でもメインの販売スタッフとしてしっかりとお客様と接して頂き
店頭業務を支えて下さる落ち着いた方にお願いしたいと思っております。



[勤務内容]
アルバイト

勤務地:まど枠 
010-0921秋田県秋田市大町3丁目1-12 

営業日:水曜日〜日曜日 
営業時間:11時〜18時
6月からは現在地から7〜8分離れた場所での勤務になります


仕事内容:販売・接客・在庫管理 SNSなどの告知業務

勤務日:水〜日のうち、土日を必ず含む最低週3日 

時 間:平日|10:30ー18:00 
    土日|10:30ー15:00でも可です 
    勿論土日も18:00まで勤務可能であれば、お願いいたします

時 給:800円 交通費支給  割引制度あります

募集年齢:30歳以上 男女問わず 
◎アパレル、雑貨など販売職の経験のある方、
 PCのスキルをお持ちの方を優先的に採用いたします

※PCのスキルをお持ちの方は、履歴書に使用できるソフトを必ずお書きください
※土日は10:30ー15:00でも可ですので、現在主婦の方でも
 お気軽にご応募頂ければ嬉しいです

※勤務時間により休憩時間が異なりますが、平日は休憩1hです


[応募方法]
下記住所まで、お電話番号とメールアドレスを明記の上履歴書をお送りください

010-0921
秋田県秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル3F3室
まど枠 担当:伊藤幹子

面接に進む方のみ、こちらからご連絡を差し上げます
不採用の場合は履歴書の返送はせず、こちらで責任を持って破棄いたします


ご応募、お待ちいたしております


2019年3月7日木曜日

オジモイモ屋がやってきます






普段はカメラマンとして活躍されるオジモンカメラ高橋希さん。
まど枠でもDMの撮影をお願いしたり、発行されているリトルプレス「yukariRo」をお取り扱いしていたりと日頃からご縁があります。

特に冬になりますと高橋さんは何故かカメラと並行して焼き芋屋さんになるのですが
特にこの2年芋の旨さに目覚めた私に、高橋さんはよく芋を与えてくれました。
時には宅の猫も食べたり…(ブランド芋が好きなようです)


今回初めて知ったのは、こうして外での焼き芋活動を始める前から
高橋さんの焼き芋作りはかなり長く続けられていた事。
ライフワークとして芋を探求し続けていたのが、たまたまイベント的に行うようになり、そしてまだ研究は続いていると言う事です。

長くなりましたが、今週土曜日3/9まど枠にてオジモイモ屋の焼き芋を販売します。
みなさまどうぞ買いにいらして下さい。高橋さんと一緒にお待ちいたしております。

【オジモイモ屋】
日 時:3/9(土)11:00-売り切れるまで(大体16時ごろ)
場 所:まど枠 秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル3F
※お店は通常どおり11:00-18:00の営業です
.
◎オジモイモ屋リピーターで、新聞バッグをご持参のお客様、
お買い上げ金額から50円割引いたします。                    

2019年2月23日土曜日

お茶の時間の器 中嶋窯陶展より

2/15(金)より開催してまいりました「お茶の時間の器 中嶋窯陶展」
は明日が最終日となります。
遅くなってしまいましたが展の様子をお知らせいたします。

−お茶の時間の器 中嶋窯陶展−

陶 器  中嶋窯(秋田県秋田市雄和)

こぎん  lite黒田美里(青森県青森市)
絵画 イラストレーション 村松佑樹(埼玉県富士見市)http://www.yuki-muramatsu.com


美しい呉須秞の器を集めたコーナー。
呉須秞のブルーと、村松さんの作品のブルー、グレー、ベージュの色味が相まって
とてもいいコーナーになりました。


村松さんに描いて頂いた今回のDMの原画。
中嶋さんの器の持つ大らかな空気を的確に表現して頂きました。
可愛い作品に見えますが、原画はとても力強い、ぜひ実物をご覧下さい。

※こちらの原画は売約済みです
土瓶やマグ、湯呑のほかに使いやすい4寸の皿、型鉢など沢山並べました。


   lite黒田美里さんのこぎん刺しコーナー。

 黒田さんのこぎん刺しは、中嶋さんの器と同じく、
 北東北の人の持つまっすぐな気持ちを感じます。

 それでいて野暮ったくは無く、洗練された雰囲気を纏っているとても素敵な作品です
 コースター、鍋つかみをお茶の時間に。


村松さんの絵を中心に正面から呉須のコーナー。
春待ち遠しいこの季節にぴったりの作品です
沢山お持ち頂いた土瓶も残り少なくなって来ました。

8寸パン皿(灰釉)

8寸パン皿(白掛け)
灰秞7寸深皿


灰秞6寸片口
灰秞湯呑み


灰秞湯呑み(海鼠)
灰秞マグ(切立型)
明日の最終日は13時〜17時の間、中嶋窯の中嶋健一さんが在廊されます。
皆さまのお越しをお待ちいたしております。